未経験からのシステムエンジニア

資格取得にチャレンジしよう

システムエンジニアになるために特定の資格などはいりません。しかし、資格を取得することで自分のスキル向上になるばかりでなく、対外的に実力を証明できるので取得しておいて損はありません。このようなIT系の資格は主に大きく2種類に分類できます。1つ目は国家資格であり、2つ目はベンダー資格と呼ばれるものです。このベンダー資格とは、企業が実施する自社の商品の知識や技能を問う試験のことを指します。それでは、具体的にどのような資格があるのかをみていきましょう。

資格取得にチャレンジしよう

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験

資格取得にチャレンジしよう

まず、これらの資格は国家資格です。IT系資格の中では一番多くシステムエンジニアが取得している資格になります。毎年、春と秋の2回実施されている資格試験ですが、基本情報技術者試験も応用情報技術者試験も合格率は約20%程度です。この基本情報技術者試験はIT系のエンジニアにとって基礎的な試験であり、登竜門になっています。また、応用情報技術者試験はよりレベルの高い資格となります。

システムアーキテクト試験

この試験も国家資格です。アーキテクトとは設計を意味しているものですが、システムアーキテクト試験というのは、情報システムや組み込みシステムにおいて設計を行なったり、システム開発を主導していくエンジニアを対象にして行なわれています。専門的で深い知識が求められるため、合格率は15%程度と難易度が高い資格といえるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験

この試験も国家資格です。ネットワークシステムの構築や運用に携わるようなネットワークエンジニアやインフラ系のエンジニア、それらを目指している人向けの資格となっています。ネットワークシステムの要件定義やその開発、運用や保守に関わる知識のほか、ネットワーク・アプリケーション技術など広い知識が求められます。合格率は15%を下回ることもあり、難易度はかなり高いといえます。

オラクルマスター

この試験はベンダー資格です。オラクル社商品である「Oracle Database」に関しての技術を証明するための資格試験です。このオラクルマスターは4つのレベルがあります。Bronze、Silver、Gold、Platinumに分かれており、Bronzeから順番に資格を取得しなければいけません。このオラクルマスターは国家資格ではなく民間資格ですが、Silverレベルからは世界共通規格となっているので、世界でも通用する資格といえます。また、資格を取得するとそれ相応の報酬を準備してくれる企業もあるため、データベース系のシステムエンジニアは自分のスキル向上ばかりでなく、給料のアップも見込める大変魅力の大きい資格であるともいえるのです。

あわせて読みたい記事