未経験からのシステムエンジニア

システムエンジニアへの道のり

ITは今や世の中になくてはならない存在で、私達の生活の様々な部分を支えています。躍進を続けるIT業界の人気は高く、システムエンジニアになりたいと考える人も増えています。では、システムエンジニアになるためには具体的にどのようなルートをたどればいいのでしょうか。

システムエンジニアへの道のり

まずは知識を高めていく

システムエンジニアへの道のり

システムエンジニアの仕事をしていくにあたり、ITに関する基礎知識は必須条件になります。そして、専門知識を深めていくためにIT専門の学校や大学でより実践的な技術を学んでおくという事も有効ですが、何よりITに関する興味、関心がある事が大切です。システムエンジニアは、プログラマとは違ってシステムの設計がメインですが、顧客のニーズを限りなく正確に形にしていくためにも、システムが完成するまでに関係する全ての知識に精通している必要があります。ただ、学校を卒業するまでにシステムエンジニアとして1人前になる事を目指す必要はなく、実際は企業に入社して経験を積みながらエンジニアとして成長していくという事になるでしょう。

実践経験を積んでいく

システムエンジニアとして1人前になるまでには、まず先輩エンジニアと一緒に仕事をしながら経験を重ねていく必要があります。どんなにIT技術があったとしても、実際のプロジェクトで実践していくためのノウハウは仕事の現場でしか覚える事ができません。初めのうちは失敗する事もあるかもしれませんが、やらせてもらえる事には難しくてもどんどん挑戦していく度胸というのも現場でしか培えない要素といえます。IT技術はすごいスピードで進化していきますから、システムエンジニアであり続けるためには常に第一線でシステム開発に携わっていくという事も重要です。

プログラマとシステムエンジニア

プログラマとシステムエンジニアはどちらもシステム開発の要となる立場です。プログラマは、システムエンジニアが描いた設計図を実際の形にしていく重要な役割を担います。そのため、プログラマとしての技術やセンスは、プロジェクトの成功を左右すると言っても過言ではありません。プログラマの仕事は設計図通りに家を建てる職人さんのようなものですが、実際にシステムを作るだけの知識と技術があるので、そのままシステムエンジニアに転身するという人も少なくありません。
インターネットありきの今の時代、規模の大小に関わりなくシステムエンジニアの力を必要としている企業は多くなっていて、ITに詳しい人材というのはとても重宝されます。すると、様々な作業を手探りででも行わざるを得ない状況もあり、気がつけばシステムエンジニアとしての仕事をしていたという場合もあります。このようにシステムエンジニアとしての入り口は様々ですが、全てはITに関する知識と技術ありきの事です。この道を目指そうと考えるのであれば、常に最新のIT情報に耳を傾けつつ、日々学び続けるという事が必要です。

あわせて読みたい記事