未経験からのシステムエンジニア

高額年収が期待できる

システムエンジニアの平均年収はおよそ600万円といわれています。会社員や派遣社員、フリーランスなど仕事のスタイルによって稼ぎ方が違うのもシステムエンジニアの特徴で、少ない人は400万円に満たない場合もありますし、熟練のエンジニアであれば800万円以上稼ぐ事もあります。

高額年収が期待できる

年収と経験年数の関係

高額年収が期待できる

システムエンジニアとしての能力は、年齢だけで計れるものではありません。若いエンジニアで経験年数が浅かったとしても、高い能力があればそれに見合った報酬を得られる可能性は十分にあります。ただ、多くの場合で経験年数と年収はある程度比例しているというのも実情です。
年齢別に見たシステムエンジニアの年収は、20代では400万円未満が多いですが、30代から40代では500万円前後となっていて、40代以上になると経験年数の長い人が多くなるので、高収入な人が増える傾向にあります。新卒でシステムエンジニアとして働き始めたとして、40歳まで現役で仕事を続けていれば、その経験年数は20年近くにもなるという事になり、この世界ではかなりのベテランといってよいでしょう。変化の早いITの世界において、システムエンジニアとしての成長に終わりはなく、やはり早くから経験を積んでおく事が高収入のカギといえるでしょう。

女性のエンジニアも増えつつある

システムエンジニアの年収を性別で見ると、男性の方が100万円ほど高い傾向があります。しかし、女性は結婚、出産などがあって働き方も多様なので、年収を平均化すると低くなってしまいますが、エンジニアは実力があれば性別に関係なく稼ぐ事ができる業種です。女性がもっと活躍できるように子育て中でも仕事を続けやすい環境を整えている企業も多くなっています。有能な人材は性別に関係なく有能ですから、この先女性のシステムエンジニアの活躍はさらに増えていく事になるでしょう。

過去と現在の待遇

2000年代初期の頃のシステムエンジニアの年収は、現在よりも多くありました。不景気が長引く事で多くの企業が浮かんでは消える今の時代において、システムエンジニアのみならず労働者の雇用そのものの安定が損なわれているのも減収の要因となっています。ただ今の社会はIT抜きには回らないほど、めまぐるしい発展を遂げ続けています。技術も複雑化していく中で、システムエンジニアはどの企業にとっても必要不可欠な人材です。その中でもより優秀な人材を確保するために高い報酬を出す企業も増えてきているので、高収入を得られるかどうかは自分次第という事になります。
求められているのはやはり高レベルなスキルで、もちろんそこには経験年数も関わってきますが、ただ年数だけ長くても最新の技術についての知識がなければ新しい仕事をこなしていくのは難しいでしょう。スピード感のあるこの業界において大切なのは、常にスキルを磨き続けていくという努力です。システムエンジニアの仕事はジャンルを問わず多種多様なので、常にアンテナを張って情報を集め、世の中の需要に敏感でいられるようにしましょう。

あわせて読みたい記事