未経験からのシステムエンジニア

リーダー経験をアピール

未経験からシステムエンジニアに転職しようとした場合、事前におさえておくべきポイントがいくつかあります。それらを把握しておくことで転職活動を効率的に進めましょう。

リーダー経験をアピール

「社員構成」と「社長の経歴」を必ずチェック

リーダー経験をアピール

システムエンジニアに転職しようとする場合、未経験ということはやはり不利な要素です。転職活動の事前調査を行うとき、まず希望の企業が「中途採用を積極的に行っているか」、そして「未経験者でも採用してもらえるか」ということをチェックするのは必須といえます。
企業の採用ページなどには、「社員構成」が記載されていることがあります。ここで中途採用率を調べたり、社員の声などに未経験者で入社したという記述があるか確かめましょう。「社長の経歴」のチェックも重要です。もし社長がもともとIT畑とは異なる業界の出身だった場合は、特に有効になります。未経験者でありながら志望することの理解や、チェレンジ精神を高く評価してもらえるケースが多々あるからです。こちらもおさえておきましょう。

求められるのは「ビジネスパーソン力」と「適正」

未経験者が採用されていきなりコードをバリバリ書くといったことは当然企業は期待していません。未経験者には別の面で期待がされているのです。端的にいうと、求められるのはビジネスパーソンとしての交渉力やスタッフをまとめるスキルです。これと、これまでの実績や経験を考慮して選考が行われます。また、システムエンジニアという職種にももちろん適正が求められます。システムエンジニアでなくてもITに何かしら関わる仕事を行ってきたか、IT全般に興味関心が高いかということも適正としてチェックされます。日頃からIT関連のニュースを読むなどして業界に通じ、知識を蓄えておくことも大切です。

リーダー経験をアピールしよう

上でも述べたように、システムエンジニア未経験者に求められるのは「折衝する能力」「まとめる力」です。ソフトウェア開発はチームを組んで進められますので、チームリーダーとしてスタッフをまとめ、進捗状況に配慮し、トラブルがあれば解決に努め、あるときにはムードメーカーとしてチームを盛り上げるということが必要になってきます。前職までの業務内容でプロジェクトのリーダーとして実績があったり、仕事柄交渉の席につくことが多かったという経験があるなら積極的にアピールしていきましょう。システムエンジニアという技術畑の職場では、対人スキルやコミュニケーションスキルというものは大変需要があります。どんなに能力を持ったスタッフが集結しても、チームとして機能しなければ意味がありません。もちろんシステムエンジニアとしてソフトウェア設計なども行います。けれども、より求められているのは現状を客観的に概観しリーダーとしてチームに適切な指示ができる人材なのです。

あわせて読みたい記事