未経験からのシステムエンジニア

フリーランスなら2倍の報酬が貰える

システムエンジニアとして企業に入りそれなりに安定した生活を手に入れていても、会社員として自分が稼げる金額に限界を感じている人は少なくありません。かつての好景気で雇用も安定していた頃であれば、収入面で将来に希望を持つ事もできましたが、今の時代は会社そのものが生き残っていく事で精一杯という事も珍しくありません。そのような背景もあって、多くのエンジニア達がそれまで自分が培ってきた技術と経験を活かしたフリーランスとしての人生を歩んでみたいと考えるようになっているようです。

フリーランスなら2倍の報酬が貰える

企業に常駐するという働き方

フリーランスなら2倍の報酬が貰える

大企業にもなるとシステムエンジニアが社内にいるのは当たり前ですが、実は会社から派遣されてクライアント企業に常駐しているという場合が少なくありません。システムエンジニアはその仕事の性質上、常駐する企業について多くを把握しなければならないので、実質上その企業の一員であるかのような立場で働く事になります。そのような場合でも、給与は自分が本来所属している会社から受け取るという形になりますが、クライアント企業が会社に支払う金額は、エンジニア本人が受け取る金額の2倍以上という事も珍しくありません。企業とエンジニアの間に入る仲介が増えれば増えるほど、実際仕事を行うエンジニア自信の手元に入る収入は少なくなります。もちろん会社員という立場にはメリットもありますが、常駐を任されるだけの技術力があればフリーランスとして活動していく事も十分に可能といえるでしょう。

フリーランスの報酬

フリーランスになれば自分とクライアントの間には何も入らないので、支払われる報酬は全て自分のものという事になります。つまり、会社員としてエンジニアの仕事をしていた時には50万円にも満たなかった報酬が、フリーランスになれば100万円にもなり得るという事です。その代わり、フリーランスになると仕事は自分で取ってこなければなりませんし、仕事がなければ収入は0になります。一方会社員であれば仕事の量に関係なく給与が保証されるので、安定を取るか高収入のチャンスを取るかが決断のポイントになるでしょう。

フリーランスのシステムエンジニア

フリーランスとして働くという選択には、リスクがあるは当然の事です。むしろ、起こり得るリスクについてよく吟味しないまま独立をしても些細な事で失敗してしまいかねません。しかし、既にシステムエンジニアとしての経験を重ね、それで収入を得ていたという実績があるのなら、フリーランスになってもそれだけの報酬に見合う仕事をする事ができるという自信を持つ事ができるのではないでしょうか。
ただし、十分な技術があるのと経営の手腕は別問題です。待っていても仕事は来ないので、勉強をしたり人脈を広げたりと自分から積極的に行動するという事がとても重要になります。成功するかしないかは自分自身の努力次第ですが、大変な分だけやりがいや達成感もまた格別なものがあるでしょう。

あわせて読みたい記事